土地家屋調査士の仕事に関して

土地家屋調査士の業務と将来性を紹介します

土地家屋調査士の仕事内容と将来性及び独立について

資格者が行う主な業務内容について

土地家屋調査士というのは、土地もしくは建物の登記に関しての業務を担う仕事になります。仕事内容としては、接する土地の境界を調べたり、或いは土地の売買を行なう局面で申請に関する手続きを代理でおこないます。土地もしくは建物など、不動産関連のエキスパートと捉えるとよいでしょう。 それほど使用していない土地を相続するケースでは、接する土地に対しての境界が明らかになっていないことが起こります。この時に、あやふやに相続に関する手続きを行ってしまうと、後になって接する土地の地主とトラブルが生じる可能性も考えられます。 しかしながら、一個人では土地や建物の不動産についてチェックすることは、どうしても困難といえるでしょう。そのため役立つのが土地家屋調査士になります。接した土地の地主並びに土地の境界に関して、登記所の地図および測量図といった関係書類から調査し、適正な土地境界を教えて貰うことができます。

仕事に関しての現状および将来性

土地家屋調査士の業務内容については調査並びに測量が多いことから、現地におもむくことがよくあります。それに加えて登記所に測量図並びに地図といった資料を探しにいくこともあることから、フィジカル的な負担は重いかもしれません。 近所との土地境界に関係する業務では、トラブルに陥ることもあり得ます。しかしながら公共事業に関わる可能性も高いので、安定感がある業界ということもできるでしょう。現在の状況としては、土地所有者が物件をたくさん建てているので、仕事そのものの数は多いといえます。一方、競合業者も少なくないので、受注を安定的に確保するのは容易ではないかもしれません。 また、土地家屋調査士だけに限られたことではないのですが、日本国内は人口が減少する傾向ですからこれから先の仕事量は減少していく可能性があります。土地家屋調査士の業務は、不動産管理する人によって影響を受けることから、人口減少の国内では仕事量も減ると考えられます。

独り立ちして業務に就く方法とは

土地家屋調査士に関しては、独立に適している仕事と評価されています。独立するための方法についてですが、原則として土地家屋調査士資格を取って、日本土地家屋調査士会連合会へとエントリーすれば、独り立ちして業務につくことができます。実務が未経験のケースでは、登録する場合に実務研修をすすめられています。実務研修に関しては、通信講座であっても可能となりますが、現実の現場で身をもって知る方がよいでしょう。 現実の現場を知ることを通じて、独り立ちしても円滑に業務に着手することができます。それに加えて、現場で知り合いになった人とコネクションができることもアドバンテージです。研修を体験したうえで、独立することをお勧めします。

人気記事ランキング