土地家屋調査士試験合格への道

難しい土地家屋調査士試験の学習を効率的に行う

土地家屋調査士の通信講座や通学講座の利点

独立開業をすることも可能な国家資格

土地家屋調査士は、不動産の表示登記申請の代理などの業務を行っている専門的な仕事であり、業務を行うためには国家資格を取得することが必要となります。資格を持っていれば、土地家屋調査士事務所を開業して独立して仕事をすることもできる仕事です。この土地家屋調査士試験は、民法や不動産登記法などの法律に関する知識と、測量に関しての知識が出題されることになるため、試験対策を行う範囲は幅広くなっています。独学で試験勉強をすることも不可能ではありませんが、仕事をしている人が効率的に学習をするためには、独学よりも資格専門学校が行っている通信講座や通学講座を利用したほうが良いでしょう。出題されることが多い重要な部分を優先的に学習することが出来るので、貴重な学習時間を効率的に使うことが出来る利点があります。

資格の専門学校で土地家屋調査士の試験対策講座を利用する場合、通信講座と通学講座のどちらかを選択することになります。通学講座のメリットとしては、講師から直に講義を受けることができ、学習のスケジュールなども学校が決めたものに併せることで、講座が終わるころにはしっかりと知識を身につけることが出来るという点があります。講義を聴いているときにわからないことがあった時などもその場や講義後にすぐに質問することが出来るので、疑問もその場で解決することが可能です。通信講座の場合には、自分で学習のペースを作っていく必要がありますが、通学講座と比べると時間的な拘束が少ないので、仕事が忙しくて定期的に学校に通うことが出来ないという人に向いているでしょう。通信講座でも学習している内容でわからないことが出てきた時に質問状などを送ることが出来るので、独学よりも試験内容について深い理解をすることが出来ます。

類似問題や予想問題もしっかりと学習できる

通信講座や通学講座では、過去問の出題傾向などをしっかりと分析して講義を行ってくれるので、類似している問題が出題された時にも対応できる応用力を身に付けることが可能です。また、過去問だけではなく、出題されそうな項目の予想などを行っているので、過去に出題されたことが無い重要な部分なども指導してくれます。模試なども実施しているので、試験本番の雰囲気を感じながら取り組むことが出来、試験本番に役立つような問題なども学ぶことが出来るでしょう。同じように土地家屋調査士試験合格を目指している人たちとも知り合いになることが出来、お互いに合格を目指すことが出来るので、独学よりも試験合格への意思を継続させやすいでしょう。

人気記事ランキング